スポンサーサイト

  • 2015.07.06 Monday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    ライチ★光クラブ 古屋 兎丸

    • 2015.06.25 Thursday
    • 15:46
    JUGEMテーマ:漫画/アニメ
     


    今回紹介するのは古屋兎丸のライチ★光クラブ



    この作品のファンの方も多いかと思います。

    この漫画はが耽美に分類されます。

    グロい系統がお嫌いな方は見ない方がいいですよ〜
    とはいっても個人的にはそこまでグロテスクでもない
    ような気がします!


    それと同性の性的な表現が含まれるます。
    けれどあまりイヤラシい感じでなく
    狂気といった感じの表現だと思います


    まずは作者の話から。
    古屋 兎丸は異色の作家として個人的には思っています。
    なにかこの人にしか書けないような独特な雰囲気が
    どの作品にもあります。


    この古屋 兎丸が書いた漫画の中でも
    一番のオススメがライチ★光クラブ

    このライチ★光クラブは元々、1983年に
    東京グランギニョルと言う劇団が公演していた
    ものであり、その公演を作者が感銘を受け
    漫画にしたそうです。


    ちなみにグランギニョルとは、19世紀から20世紀半ばまで
    フランス・パリに存在した大衆芝居、見世物小屋
    グラン・ギニョール劇場というものがあったそうです。



    その芝居の内容は、浮浪者、街頭の孤児、娼婦
    殺人嗜好者など他の普通の劇場には登場しないような
    キャラクターが多く、他にも妖怪譚、嫉妬からの殺人
    嬰双(出生時、出生後、すぐに殺す経済的、宗教的習俗)殺し
    バラバラ殺人、火あぶり、ギロチンで切断された後も喋る頭部
    伝染病、外国人の頭部などといったあらゆる
    ホラーをテーマとする芝居で
    血糊などを大量に用いた特殊効果付きで演じられたようです。



    このようにパリのグランギョール劇場では残酷なモノが
    公演されていたそうです。


    ライチ光クラブは三編出版されており
    ライチ★光クラブ    
    僕らの光クラブ 小学生編
    僕らの光クラブ 中学生編
    の三冊が出版されています。


    小学生編と中学生編はライチ★光クラブの
    番外編ですが読む順番は
    小学生編からがいいと思います。

    番外編はライチ★光クラブの過去を
    書いたものが僕らの光クラブです。


    ライチ光クラブのキャラは異色で独特。











    この最後のキュートボーイがキチガイのジャイボ
    という男の子です!
    このキチガイボーイがとてもかわいい...


    そして本編でしか出てこない謎の美女カノン







    廃墟で繰り広げられる無知で純粋な少年達の計画
    「大人になりたくない。」
    ヒトラーのように残酷で独裁的指導者
    ゼラは美しい少女をさらってくるように指示する
    そして大人になる事にあらがう為にある計画を実行するのだが...







    この独特な世界観ハマりますよ〜★

    私はこれを見てホラー系の漫画に夢中になりました。

    是非読んでみて下さい。







    内容は全然漫画と違うのですが
    アニメがあるので乗せておきますね〜
























     

    PR

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930    
    << June 2020 >>

    Proofile

    profilephoto

    selected entries

    categories

    archives

    recommend

    もうひとつのMONSTER―The investigative report (Big comics special)
    もうひとつのMONSTER―The investigative report (Big comics special) (JUGEMレビュー »)
    ヴェルナー・ヴェーバー,浦沢 直樹,長崎 尚志
    ヴェルナー・ヴェーバーというジャーナリストがヨハン・リーベルト事件の謎を「取材」する、という体裁で、現地の写真や資料を差しはさみながら進行していく。もちろん答えは明白であるのだが、最後まで本書がフィクションなのかノンフィクションなのか、はっきりと記述されることはない。

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM